パワーストーンアクセサリーの効果的に身につけ方

 

パワーストーンブレスレットを初めて購入される方は、右腕と左腕、どっちにつけるのが正しいの?

 

っと疑問の方も多いでしょう。

 

結論から言いますと、

 

 

右腕でも左腕でもどちらに身につけても問題ありません。

 

 

どちらかが正しくて、どちらかが間違いということはありませんのでご安心ください。

 

まずは、ご自身が身につけて邪魔にならない腕、違和感のない腕に身につけるようにしてください。

 

 

パワーストーンアクセサリーを身につける上で、最も大切なことが使用者が違和感なく身につけるということです。

 

パワーストーンは負の感情も受けやすいので、持ち主にとって邪魔だったり、違和感がある状態で身につけていては、せっかくの効果も半減してしまいます。

 

 

まずは、自然に身につけられる腕につけるようにしましょう。

 

 

 

右腕(利き腕)と左腕(利き腕と逆)で効果が変わります

 

前述のとおり、パワーストーンを身につける際、最も大切なことは違和感なく身につけられる腕、邪魔にならない方に付けるのがとても重要ですが、右腕(利き腕)と左腕(利き腕とは逆)、身に付ける腕によって多少効果が異なってきます。

 

 

どちらの腕でも、違和感なく身につけられるという方は、是非参考にしてください。

 

 

右腕(利き腕)に身に付けると

パワーストーンを利き腕に身につけると、力を放出する効果があると言われております。

 

試験日や面接、オーディションや大事なプレゼン、商談など、大切な人への告白など、パワーストーンの力を発揮したい!という時は利き腕に身につけるのが効果的です。

 

 

パワーストーンの力を積極的に発揮したい

 

新しいことに挑戦したい

 

今までの努力を思う存分発揮したい

 

大事な日、特別な日にあと少しの勇気が欲しい

 

 

 

などのように、目標が明確な時は利き腕に身につけるのが効果的ですよ。

 

 

左腕(利き腕と逆)に身につけると

利き腕と逆に身に着ける場合は、新しい出会いを求めたり、運気を上昇させたりなど、漠然とした願望の時に効果的です。

 

 

気の流れというのは、利き腕の逆から入ってきて、利き腕から放出されます。

 

この為、パワーストーンを身に着ける場合は、一般的に利き腕と逆と言われております。

 

 

運気を上げたい

 

新しいパワーをつけたい

 

気を充電したい

 

悪い流れを断ち切り、心機一転したい

 

新しい出会いが欲しい

 

 

という方は、利き腕とは逆の腕に身につけたほうが良いでしょう。

 

 

 

しかし、仕事の邪魔になる、違和感があるという場合は、せっかくの効果も半減してしまいますので、最も大事なのは、持ち主が違和感なく身につけられるということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

陰陽道パワーストーンブレスレットの特別通販サイトはこちらから

 

 

▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼  ▼

 

 

 

 

 

↑ ページの上部へ